東京の部分入れ歯の費用の目安は?

東京の入れ歯の作成にかかる費用の内訳

歯がなくなってしまうと、噛めないという問題と、見た目が悪いという二つの問題が出てきます。その問題を解消するための治療が、入れ歯になりますが、保険治療と保険外治療ではかかる金額が大きく変わってきます。保険治療の場合は、かかった治療費のうちの3割の負担で済むため、部分入れ歯であれば5000~14000円ほどで作ることができます。

お口の状態によって、大きさなどは変化しますが、残っている歯にバネをかけることで、外れにくくしています。総入れ歯の場合は10000~15000円ほどで作ることができます。この金額は、国が決めているので、東京だけでなく、国内であれば同じ保険治療を受ければ、同じ治療費がかかることになります。

保険外治療は国による制約がなく、歯科医院が独自に料金を決めることができます。治療費の内訳は、お口の状態を確認し、歯型を取ったり、噛み合わせの状態をチェックしたりという費用です。出来上がった入れ歯が粘膜に当たって痛くないように、お口に入れて調整する金額も含まれています。初診料から作成、調整までの金額がこの中に含まれています。治療の度に、かかった治療費を支払っていくスタイルです。

 

保険外で行われる入れ歯治療

保険外治療では、制約の多い保険治療とは異なり、よりいい材料で作ることができます。保険ではプラスチックを使って作らなければいけませんが、プラスチックというのは割れやすく、変色しやすいという面があります。粘膜に当たると痛みも出てしまいます。そこで、保険外治療では、プラスチックを使わずに金属にすることで強度を上げて、食事の際にも温度が分かりやすいようにしています。

粘膜に当たって傷ができてしまう患者さんには、シリコンを内側に使うことで、やわらかく装着できる工夫をしています。これらの工夫により、保険治療より快適に過ごせるようになりますが、その分治療費は高額になります。東京での相場は、部分入れ歯では15万~50万円ほどで、総入れ歯になると30万~60万円ほどが目安になります。

失った歯の数や、使われる材料によっても金額は変わってきますので、どのような治療にするのかは歯科医師と相談して決めましょう。残っている歯に磁石を入れて、落ちないようにするという治療など、お口の状態に合った治療にすることで、患者さんが快適に過ごせるようにしてくれます。新しい技術や素材も開発されているため、歯科医師から提案を受けることもあります。

東京入れ歯を詳しく調べるならここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です