首イボのスキンケアでついでにシワやニキビケアも

首イボができるのはなぜ?

痛みは感じないけれど、見た目的に美しくない首イボ。ニキビのように時間の経過と共に小さくなってくる物でもなく、つまんで引っ張ってみても首の皮膚と繋がっているため、無理に取ることはできません。首イボは年齢を重ねるほどできやすくなり、若い頃はなかったとしても、30代を過ぎるくらいからポツポツとでき始めてきます。

首イボができるのは、皮膚が受ける摩擦や体質が関係していると考えられていて、紫外線の影響でによる細胞老化で古い角質が溜まることも原因の一つに挙げられています。ですから、衣類などで皮膚が擦れてしまう部分や日焼けをしやすい部分に発生しやすく、首以外の顔や背中など、全身にできる可能性があるイボになります。簡単に首イボケアができるクリームやオイルは、値段も手頃なので利用しやすいアイテムです。

肌の乾燥を抑える成分や、角質を柔らかくする成分、炎症を抑える成分、紫外線による光老化へアプローチするための成分などが配合されているので、ニキビができやすい肌やシワなどのスキンケアに利用するのもおすすめです。もともと皮膚がデリケートな首のケア用に作られているので、首以外のスキンケアにも利用できます。

 

顔のケアにも使えるジェルとオイル

首イボのためのスキンケアでよく利用されている植物が、ハトムギです。化粧品やお茶の材料に使われているハトムギの皮をむいて作られたヨクイニンエキスには、新陳代謝を活発にするビタミンB2やミネラルが含まれています。老廃物の排出を促す働きもあるので、古い角質やシミの原因になるメラニンの排出を促す効果も期待できます。

美容ジェルのシルキースワンは首のケアのための製品ですが、プラセンタやコラーゲンなどのハリをもたらす美容成分が配合されているので、シワ対策にも使える美容ジェルになっています。抗酸化力の高いビタミンC誘導体や茶カテキンも配合してあるので、紫外線対策にもおすすめです。ヨクイニンエキス配合のアンミオイルは、水分の蒸発を抑えて角質を柔らかくするために、複数の植物由来のオイルを配合しています。

良い香りがするオイルですがこれは杏仁オイルの香りになり、余計な香料や着色料は使用していません。殺菌効果と防腐効果を持つヨモギを保存料の代わりに使用しているという徹底ぶりで、肌が敏感な方でも使いやすいオイルです。洗顔後やお風呂上りのスキンケアに向いていて、首イボ解消のためのマッサージオイルにも利用できます。

首イボ除去についての詳しい方法はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です